ホーム金型補修溶接機のご紹介

溶接機のご紹介

ドイツ製Visionレーザー溶接機 LWI V FLEXXの特徴

LWI V FLEXX 150Wシリーズは、金型補修で必要としているレーザー溶接に適した治具に取り付けて活用できる、世界標準を視野に入れたレーザー溶接機です。
安定したレーザー溶接が可能な最新技術が導入されています。

ドイツ製Visionレーザー溶接機 LWI V FLEXX 150W

正確な軸操作のコントロールで出来ること

External Terminal(操作パネル)はタッチスクリーン方式で、さらに非常に大きなスクリーンサイズをご提供しているため、加工条件の入力が容易です。
また、ヘッド前部脇に取り付け可能なため、加工操作途中での条件の変更が容易です。

プログラムコントロール可能なシールド(アルゴンガス)

レーザー溶接部の酸化を防ぐシールドガス(アルゴンガス)の供給時間を、プログラムにより変更することが可能です。

PWMモード

伝統的なレーザー溶接機では低電力領域において、パルスとパルスの間の安定性が低くなり、均一でない溶接結果となる傾向にありました。
PWM(パルス幅変調)は、内部電力を常に100%蓄えておくことで、低電力領域においてもパルスとパルスの安定性がよくなり、非常に安定したレーザーを出す事が可能です。

サービス・自己診断・アップグレード

機械故障時に総合自動診断によりエラーがディスプレイに表示され、故障個所が特定さる為、素早いサポートが可能となります。
また、レーザーのソフトウェアは常に改良され、ファームウェアのアップグレードにより最新の状態にすることが可能です。

ドイツ製Visionレーザー溶接機 LWI V FLEXX150Wの主な仕様

項目 仕様
レーザー安全基準 クラス4
レーザー光起源 フラッシュランプ励起Nd:YAGレーザー
波長 1064nm
Max.パルスエネルギー 70Joule
Max.パルス出力 17kW
エネルギー調整モード 電圧又はPWM モード
電圧 160-500V
パルス幅変調 1-20ms
パルス周波数変調 20Hz
PWMモード 1-100%
焦点距離 190mm
ビーム径(レーザー光) 250μm-2mm、Beam Tuner Option 100μm~
オペレーションレンズ Leica社製 双眼接眼レンズ 倍率x20
オペレーション・ライト スイッチ式 相対(2個)Cold LED ライト
パラメータ記憶容量 任意のネーミングで50式設定可能
エネルギー測定システム 内臓型
コントローラー マルチ・コントローラー・システム
自己診断システム
インターフェース RS232 CAN-Bus
被覆ガス 自在ノズルより射出、ガス射出時間調整機能
冷却システム 内蔵型密閉水冷方式
内蔵温度調節ファン
外付冷却システム(オプション) 外付冷却装置(チラー)
内蔵バイパス・コントローラ
電源仕様 3Phases、400V/50Hz
消費電力 4kW
容積(W x H x L mm)
レーザーヘッド ca.120×120
供給装置 ca.450×915
 
×880mm
770mm
重量 ca.115kg

テーパーのあるC面の肉盛

C面の先端がテーパーになっているため、最初にその先端にヒケ止めを施し、次に下の面に対してのヒケ止めを行っています。NAK55というヒケやすい材質のため、巣ができないように、しっかり空打ちしてヒケ止めを行いながらの溶接作業です。

金型ゲート埋め戻し

幅5mm、長さ25mm、深さ1mmのゲートを、天面まで埋め戻します。0.2mmと0.3mmの太さの違う線材を使用し、丁寧なヒケ止めと、作業の効率化を図っています。

リブの中の立ち上がりの面を溶接

立上がり壁の肉盛溶接です。この面は、対抗面との距離が1.2mmしか無く、角度を気をつけないとすぐレーザー光が反射します。反射に細心の注意を払いφ0.2mmの線材で、スポット径を絞り溶接しました。

φ3mmの穴埋め

φ3mmの貫通穴を肉盛りで盲穴にする溶接作業です。貫通穴のため、穴の途中に底を作るイメージです。巣ができないよう気をつけての溶接作業です。

φ0.2mmの線材を使用した角の潰れ補修

φ0.2mmの線材を使用した角出し補修です。角はヒケやすいためヒケ止めをしっかりと行いながらの溶接です。

削れた角を修正する

削れてしまった角を出します。製品面にヒケを作らないように溶接作業を行います。